よくあるご質問

賃貸管理

Q.22設備が古くなったらどれくらいかかるの?

A.22パンフレットに記載された専有部分の設備はオーナー様のご負担となります。

オーナー様ご負担の修繕については、確定申告で経費として申告ができます。

設備 メーカー耐用年数 寿命(目安) 修繕費(目安)
冷暖房設備(6~8畳用) 10~15年 約15年 本体:4~6万円(工費2万円)
給湯器(16号、20号) 15~20年 約15年 本体:5~7万円(工費3万円)
浴室換気乾燥暖房機 7~10年 約20年 部品交換/メーカー修理:1~2万円
基本は修理のみで対応可
本体:4~6万円(工費2万円)
システムキッチン
(1K・単身者用)
15年 約35年 本体:15~20万円(工費4万円)
基本は修理のみで対応可(1~2万円)
ウォシュレット 7年 10年 本体:1~3万円(工費1万円)
洗面化粧台 - 35年 扉などの剥がれ、壊れ、鍵の汚れ
(鍵の交換:1~2万円 研磨のみ3,500円)
本体:4~6万円(工費2万円)
ユニットバス - 35年 クリーニング:1~2万円(基本は入居者負担)
本体・工費のみ:50万円
換気扇(レンジフード) - 15年 本体:2~4万円(工費2万円)
シングルレバー混合水栓
(流し台・バス洗面等)
10年 15年 部品交換:0.5~1万円
本体:1~3万円(工費1万円)

※その他、クロスの張替、フローリングの張替、インターホン交換、ライト交換等

TEL0120-70-2324