マンション経営のメリット

賃貸管理

貯蓄として

「マンション経営」の最大の目的は、安心・安定した資金の運用です。
近年は低金利傾向にあり、銀行預金やその他の投資に対して「マンション経営」が注目されています。

POINT1

貯蓄と同じイメージで始められます。

POINT2

わずかな自己資金で始め、残りはローンを利用(借入)、家賃収入という形でローンは入居者が支払い(返済)、貯蓄が増えていきます。

POINT3

現金で購入された場合、貯蓄を切り崩す事がありません。 ※不動産の資産価値=貯蓄金額となりますのでその点にご注意ください。

マンション経営と貯蓄について

「マンション経営」と一般的な貯蓄の「銀行預金」を比較した場合

マンション経営

入居者からの家賃収入と、 ご自身の数千円~のご負担で数千万円以上の資産と半永久的な家賃が残ります。

銀行預金

銀行預金は元本割れはしません。 しかし、数千円~数万円の預金では、当たり前の話になりますが、使えばすぐになくなってしまいます。

マンション経営と貯蓄と資産価値

  1. Q1. マンションはどれくらいの年数、家賃収入が入ってくるのでしょうか?
  2. Q2. マンションはどれくらい働いてくれるのでしょうか?
  3. Q3. 数年後のマンションの資産価値はどうなりますか?

数年後の資産価値

その結果

転売による売却益

購入した物件は、数年所有した後にローンの残債以上で売却できる場合があります。売却したいという際のひとつの目安となるのが「運用益」です。 運用益は「売却価格」から、それまでお支払いになった出費・ローンの残債を引いて残った金額です。築年数が増せば資産価値は下がることは避けられませんが、 立地・物価の上昇・周辺環境の開発などで資産価値をキープ出来たり、逆に上がる場合もあります。そうした際には売却による利益を得ることができます。

フレキシブルな運用にも対応

「マンション経営」の貯蓄には、資産価値が影響します。そのため、デメリットを充分理解した上での運用が大切です。

生命保険として

「マンション経営」の隠れたメリットとして「生命保険代わりになる」ということがあります。

マンション購入の際には、団体信用生命保険に加入していただきます。
団体信用生命保険はオーナー様が高度障害、もしくはお亡くなりになった際に、ローン残債を保険で支払うため、借入がなくなります。
ご家族様は残った物件で引き続き家賃収入を半永久的に得ることが出来ます。また、売却して現金化することも可能です。
※金利の中に保険料は含まれていますので、別途費用負担はありません。

ご家族も安心

老後の年金として

「マンション経営」は物件がある限り、家賃収入を継続的に得ることが出来ます。
その家賃収入がオーナー様の老後の年金代わりになります。

老後の安心のためには、早い時点での対策が重要です。ローンの支払いが終われば、全額オーナー様の収入になります。
その家賃収入がオーナー様がリタイアされた後の年金にプラスする収入として、老後の安定した生活を支えてくれます。
(※)マンションは財務省令の建築の耐用年数では47年、建築基準法では90年持つと言われています。

安定・安心した老後の暮らし

築年数が増えても、新築時と変わらない家賃収入を見込める物件・場所を選びましょう。

節税効果

マンション経営は物件を貯蓄として考える資産価値に加えて、所得税や住民税などの税金を節税できる、支出を抑えるメリットもあります。

マンション経営は家賃収入が入ってくるため、オーナー様は確定申告する必要があります。
帳簿上で経費が家賃収入を上回るケースが多く、その場合には税金が戻ってきます。

(ケース・バイ・ケースですが)所得税で約20~30万円、住民税で約10~20万円を節税できるオーナー様もいます。 (※)確定申告は当社指定の専門税理士に特別価格で承ることも可能です。お気軽にご相談ください。

貯蓄と支出を抑えるダブルのメリット(フローの節税)

資産は現金で相続するよりも、不動産(賃貸用マンション)で相続した場合には、相続税評価額が約三分の一になります。
そのため相続税を大きく軽減する事ができます。

  • 現金で相続
  • 不動産で相続

相続税対策(ストックの節税)

その他

「マンション経営」はこれまであげてきたメリットの他にも様々なメリットがあります。
所有物件の資産価値以外のメリットを知ることで、総合的な判断が出来ます。

お子様が住む、ご自分で住む

ご自身のマンションですので、お子様(ご家族)がお使いになっても、ご自身でお使いになってもよいのです。
お子様が大学進学などでアパートやマンションを借りた場合には、初期費用を含めて4年間で300~400万円の出費が相場と言われています。

物件を購入した場合には「マンション経営」による利益も見込め、長い目で見ればお得という考え方も出来ます。
また、売却時には購入した金額から「借りていた」と考えた金額を差し引けば、実質的なリスクは軽減されることになります。
そうした様々な使い方が出来るメリットが「マンション経営」にはあります。

多面的なメリットを考慮して、総合的なご判断を

TEL0120-70-2324