人口、東京圏0.4%増 全国で唯一のプラスに

不動産お役立ち

人口、東京圏0.4%増 全国で唯一のプラスに

2019-07-17

 総務省が10日発表した2019年1月1日時点の住民基本台帳に基づく東京圏(1都3県)の総人口は、前年比0.41%増の3661万人だった。外国人の集計を始めた13年以降で6年連続の増加となった。
 地方圏に加え東京を含む三大都市圏のうち名古屋、関西も減少し、東京圏が唯一増加を続けている。

 全国の総人口は0.21%減の1億2744万人で、東京圏は28.73%を占めた。この比率も引き続き上昇した。東京圏のうち、東京都が0.76%増の1374万人と最も伸び率が高かった。神奈川、埼玉、千葉の3県はいずれも0.20%前後の伸び率にとどまった。
 東京圏の国籍別住民は、日本人が0.23%増の3552万人、外国人は6.55%増の109万人となり、外国人の高い伸びが目立った。全国に占める首都圏の割合も日本人が28.47%に対し、外国人は41.05%となり、外国人が日本人以上に東京圏に集中していることが浮き彫りになった。

不動産お役立ち一覧

TEL0120-70-2324